Freelance Lab(フリーランス・ラボ)

Freelance Lab(フリーランス・ラボ)

問題解決のストーリー(空、雨、傘)

January 22, 2016
約 3 分

最近の投稿

続き読む
問題解決のストーリー(空、雨、傘)

問題の解決でよく使うツールに「空、雨、傘」があります。もう使っているので、いまさら、っと思うかも知れませんが、念のために知らない人のために書いておきたいと思います。

こんにちは。
フリーランス・プロデューサーの西尾です。

なにか問題を解決しようと、
闇雲に頑張っても上手くいきませんし、
説明しても分かってもらえません。

・なぜ売れないの?
・なぜ前に進まないの?
・どうして人が来ないの?
・その証拠や裏付けは?

「なぜ」と言われても情報が少なすぎて、または、複雑に絡まってて
どこから手を付けて良いのか分からないことが多いはずです。

そんなときは、まず
「問題の把握」→「改善案」→「行動」というステップが必要です。

これをグループに分けると下記のようになります。

 <空>   →    <雨>     →    <傘>
 (状況)        (解釈)         (行動)
 事実に       状況に対する       解釈から
基づいた把握    自分なりの解決方法   導きだされる行動

この後に考えるのが、
具体的な手段「どうやるのか?」(How to Do=HTD)になります。

もちろん、状況(空)が一つでも、解決方法(雨)が一つとは限りません。

いろんなストーリーの延長線上に、
解決方法(雨)や行動(傘)はいくつもあって、
その中から、手段(HTD)を選ばなくてはいけません。

この考え方のことを「ロジカルシンキング」(論理思考)とも言います。

空:なぜその問題があるのか?証拠は?
雨:それは、●●だから問題が起こった。関連性は?
傘:具体的にはどうしたらいいの?詳しく教えて?
    ↓
HTD:手段と行動を決める。

人に説明するのが苦手な方は、
試してみてはいかがでしょうか?

————————–————————–
フリーランス・プロデューサー
ファブライフスクール校長
西尾 順 / Jun Nishio
<web>
http://www.fablife-school.com/
————————–————————–

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)